福永法源 最新情報

復活した福永法源氏に関するニュースをお届けします。

刑務所で「神様」と呼ばれた男、福永法源

先月末に発売された雑誌、週刊大衆福永法源のインタビュー記事が掲載されていました。

現在はウェブ上でも公開されていますので、誰でも簡単に読むことができます。

taishu.jp

この記事の中で、ご本人が次のように語っています。

入った当初は"最高ですかー?"って、もう、どんな囚人の方にも言われましたよ。"最高です"って答えると、刑務官に"コラッ"って言われるから、返事できませんでしたけど。"神様"ってあだ名で呼ばれてましたね。

4月に発売されたご著書『絶望の中の挑戦』日新報道)の“まえがき”にも次のように書かれています。

 私と同じ獄につながれている囚人たちに、何の偏見も持たずに迷える衆生の一人として接しました。私の監獄でのニックネームは「神様」でした。

以上は、いずれもご本人による発言ですが、実は別の方も同じように伝えています。

「天を語る」というブログがそうで、その中の「出会い」という記事に次のような記述があります。

「あれが通称『神様』、福永法源。この列の一番前に座っている白髪頭の中髪にしている、あの人がこの工場の、いや、黒羽刑務所の一番有名人だよ。テレビで見ただろう。」

「天を語る」は、以前は「刑務所の蓮」というタイトルでしたが、後に変更されたようです。Yahoo!の知恵袋に「刑務所での福永法源」という形で時系列にまとめられていますので、そちらからの方が読みやすいと思います。

この「天を語る」には、親孝行や あかぎれ といった『絶望の中の挑戦』でも取り上げられているエピソードが含まれています。両者を合わせて読むことで、より理解しやすくなるのではないでしょうか? 

絶望の中の挑戦

絶望の中の挑戦